Q&Aコーナー

家を売却する時の必要書類を教えて下さい。

家を売却する時に必要な書類は、物件の種類によって違うものもありますが、揃える書類はほとんど共通しています。
それは、これらの必要書類が売却する不動産を買おうか考えている買主候補に対し、この不動産の詳細な特徴を理解してもらうためのツールになるからです。
以下が家を売却する時に必要な書類となります。

 

*身分証・実印・印鑑証明書・住民票
 →有効期限があるので、発行から3ヶ月以内のものを使用します

 

*権利書又は登記識別情報
 →不動産の登記名義人が本当に売主であるその人なのかどうかを証明する重要書類となります。

 

*固定資産税納税通知書および評価証明書
 →固定資産税額の確認に必要です。また、固定資産税は毎年1月1日時点の所有者に1年間の税額が課税されるため、所有権移転日によって、買主の負担額を計算する時にも必要です。

 

*土地測量図・境界確認書
 →戸建てや土地の売却時に境界線が未確認だと購入後のトラブルになる可能性があります。

 

*建築確認済証・建築設計図書・工事記録書など
 →その物件が法規上、基準に則って建築されていることを証明する書類です。

 

*マンションの場合、管理規約等及び維持費等の書類

 

*調査しているのであれば、耐震診断報告書・アスベスト使用調査報告書
 →書類がないと売却出来ない訳ではありませんが、あれば買主の安心材料になるでしょう。