個人で家を売却しました

 

不動産を売却する時に、一番良い方法をご存じですか?
なかなか不動産を売却することができない場合には、その売り方が間違っていることが多いものです。
ここでは家の売却をする際の方法についてお伝えします。

 

男性考える

私はかつて自分が住んでいた家を売ったした経験があります。

結果から言うと、こんなに個人で不動産を売るのが大変なことだとは、思ってもいませんでした。
そこそこ交通の便がよい場所にあり、また築年数も浅かったため、すぐに買い手が見つかると思っていましたが、実際にはなかなか購入希望者が見つかりませんでした。

 

個人で家を売ろうとするときの一番大きな問題点は、売却する物件の情報を多くの人に対して発信することができないため、その物件を購入してくれる可能性のある人に、その情報をきちんと伝えることができないということだと感じました。

 

さんざん苦労した結果、当初希望していた価格よりは少し安い価格でしたが、家を売り渡すこと自体はできました。
個人で不動産を売却するという経験してみて、やはりできるだけ早い時期に、高い価格で売りたいと思うのならば、個人ではなく、不動産のプロにお任せするのが一番の得策であると改めて感じさせられました。