Q&Aコーナー

【家を売る】のと【家を建てる】ではどちらを先に行うべきですか?

新居

「家を売る」のと「家を建てる」ではどちらを先に行うべきか、その答えは、様々な条件によって異なってきます。

ここでは、家を売るのと家を建てるのでは、どちらを先に行うべきかについて、お伝えしていきます。

 

まず売却先行の場合です。家を売ってしまってから、新しい家を買う場合は、まとまった資金が出来てから行動できるため安心感があります。住宅ローンとの二重払いになることもないので、住宅ローンが残っている人の場合は、売却先行の方が気持ち的にも余裕が出来るでしょう。但し、新しい家が建つまでの期間、賃貸住宅になど住む必要がありますし、引っ越しを二度行う手間があります。

 

では、買い先行の場合は、すぐに家が売れてくれればよいのですが、もしもなかなか売れなかった場合、新しい家と古い家のローンの二重払いになってしまいます。もちろん、住宅ローンが完済済であるのなら、買い先行でも大丈夫です。しかし、住宅ローンが残っている場合は注意が必要ですし、手付金の用意もしなければいけません。但し、引っ越しの手間は一度で済むというメリットはあります。

 

このように、家を売るのと家を建てるので、どちらを先に行うべきかは、それぞれの条件によって異なってきます。