Q&Aコーナー

ローンが残っていても売却出来ますか?

人と円

住宅ローンの返済期間は非常に長いため、さまざまな事情により返済期間中に住宅を売却しなければならないケースも起こり得ます。ローンの返済期間中に住宅を売る場合、原則としては問題なく住宅を売却することは可能

 

ですが、残高は一括で返済しなければならないという条件が定められているのが一般的です。

 

住宅の価格が残高よりも高い場合は、売却した代金をそのまま返済に充てれば問題ありませんが、通常では住宅の価格は購入してから時間が経過するほど下がっていく傾向にあるため、多くのケースでは住宅の価格が残高を下回ることになり、そうした場合ではその差額を手持ちの資金で補う必要が出てきます。

 

なお、経済的な事情により一括返済が難しい場合でも、債権者との合意があれば住宅を売ることが可能となっており、この制度は『任意売却』と呼ばれています。

 

この制度を利用した場合では、住宅を売った後に、債務者は住宅の価格と残高の差額を分割で返済していくことが可能となります。
ただし、この制度を利用する場合には、「ローンの残高が住宅の現在の価格を上回っていること」「ローン残高と不動産価格の差額を債務者が現金で支払うことができないこと」という2つの条件を必ず満たしている必要があります。